30点のブログでも書き続けよう。

 

こんばんは、ねじねじです。
30点のブログでも書き続けようと思った話です。
正確には30点のブログでもアップしてしまおうって自分に言い聞かせてる話だね。
だからこれを読んでいる方にとっては本当に得する情報もないし、「未完成でも前に前に進んでいこう」っていう結論しかないから、何も期待しないでもらえると嬉しいです。
え、最初から期待していないって(笑)
それはそれでOKだよ(笑)

本当は80点くらい自分の中で納得がいってからブログアップしたいのだけれど、80点にするって割と結構大変で、時間と労力もかなり必要とするし、なかなか難しいんだよね。
自分の力がそこまで追いついてないっていうのももちろんあって、時間があっても80点にならないかもしれないし。
だからとりあえず30点。
赤点を免れる30点に到達しているのならば公開してしまう。
恥は承知のうえ。
質は求めない。
量は求める。
もちろん一日一記事よりは、一日五記事とか書いているブロガーの方もいらっしゃるので量の時点でもでも比べ物にならないけれど、自分の気持ちしては間違いなく質よりも量を優先。
量質転化だよね。

これは、ある一定を積み重ねることで、的な変化を起こす現象を指しています。 ものごとのを変えたかったら、 をこなすことが大事、という意味です。 つまり、上手くなりたければ「が変化するまでをこなす」ことが必要で、本質が変化しない段階でをこなすことを止めてしまうと、 すぐにもとに戻ってしまうのです


量にこだわっていた人たちもたくさんいるよ。
ピカソは8万の作品を、エジソンの失敗の量、キュー夫人の実験、考え続けるニュートン、1日3本の映画を学生時代に観続けた中谷彰宏さん、1日2万字を書くイケダハヤト氏、、、。
「うだうだ言わずに量をこなせ」と言われているような圧倒的な量だよね。
そもそも量で勝てないのに、質で勝てるわけがないと思ってしまう。
低品質多量生産も、もちろん良くないけれどね。
今の自分にとっては量をこなさないと、そもそもの文章力もWEBの知識もつかないから。

会社では残業で圧倒的な仕事量を重ねてきた自負はあるけれど、現時点では単純作業の量をこなしても意味あるの?って思ってしまう。
もちろん仕事を覚える最初の時期には、大量の仕事を投下することで仕事に慣れ、仕事のやり方自体も質に変わっていったこともあるから昔の自分を否定するつもりはないんのだけれど。

「量を求めてるから、質が低くてもいいでしょ」って言い訳のようになってきたね(笑)
まさにその通りです(笑)
その時のできる限りで、一日一記事をモットーに更新していくよ。

理想は6割を少し変える程度の65点くらい。

今日は以上です。

P.S. まずはネタも探さないとね。

関連記事>>>『人は誰でも作家になれる』中谷彰宏【著】の読書感想文。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である