文章が文章を呼ぶ。

ねじねじです。

『人は誰でも作家になれる』の読書感想文にも書いたけれど、文章が文章を呼ぶっていうことがあるよね。

今もこうして書いているけれど、次の書くべき1行は勝手に浮かんできてくれる。

何かを書き出せば、何かが降りてきてくれる感じ。

たまたまなのかもしれない。

これからはこんなことはなく、すぐに行き詰まって、悩みだすかもしれない。

その時は親愛なる君のことを思い出して、文章を紡ぐことにするよ。

いつまでブログを書けるか、文章を書けるかわからないけれど、しばらくはずっと書いていきたい。

そんな風に思うよ。

だから、まずは1行書くよ。

話はそれからだよね。

P.S. 今日は良い1日にだったといいな。

自分の思うように過ごせましたか?

何を想いましたか?

関連記事>>>『人は誰でも作家になれる』中谷彰宏【著】の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である