米国査証ESTA保持者用の「自動入国審査端末」

こんにちは、ねじねじです。
 
米国の一部の空港でESTA保持者用の「自動入国審査端末」APC Automated Passport Control)が、順次設置されています。
例)ロサンゼルス空港、ワシントンDC・ダレス空港、ダラス空港等
 
米国ご出張が多い方は、便利で時間短縮になる自動機を是非ご利用ください。

「自動入国審査端末」の手順

①言語を選択します。 日本語対応もあります。
②案内表示に沿ってパスポートをスキャン
③写真撮影
④税関申告、個人情報、フライト情報等の質問項目への回答
⑤指紋採取の手続き
 
以上の手順を終えますと、入国用の証明書(レシート)が出てきますので、それを受け取り入国審査官に渡しスタンプを捺してもらい終了です。

ESTAを取得して2回目以降の入国からが対象となります。
最低1回はお持ちのパスポートで入国係官のいるカウンターで入国記録手続きを行っていただく必要があります。

更新などパスポートを取り直した場合も新しいパスポートで1回目のアメリカ入国は、APCはご利用いただけないので注意が必要ですね。

今日はこの辺で、またね。

P.S. 利用できる空港はどんどん増えていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である