マキブオン 初代ガンダムでプレー。109回の対戦で得られた6つの気づき。

ねじねじ

ねじねじ(@hAPG9DWcCb0eS01)です。

9月22日(土)マキブオン、初代ガンダムでプレーの結果は、48勝61敗の勝率44%だったよ。

三連休の安堵感もあり、プレーしまくりました。

合計で109回もプレーしていたとは、自分でも驚いています。

没頭という言葉が浮かんできますね。

夢中でプレーしました。

今回の気づきは6つです。

6つの気づき

6つの気づき
  1. 常に2対1になるように動く
  2. 十字砲火を意識して位置取り
  3. コアファイターやガンキャノンで相手を動かして、ガンタンクを置く
  4. 勝てそうだからといって絶対に油断しない
  5. 相手の起き上がりにスーパーナパームを重ねる
  6. 意外と届くブーストダッシュ格闘

①2対1を意識

常に2対1になるように意識してプレーする。

2on2だからといって、まっすぐに1対1の戦いを挑まない。

2対1の局面で初めて、リスクを取った攻撃を仕掛けること。

②十字砲火を意識して位置取り

2対1を意識して、さらに十字砲火を意識しつつ位置取りをする。

これだけで命中率が上がる基本的な動き。

被弾を警戒しすぎて後方に下がってばかりで、味方を2対1の状況にさせないこと。

③コアファイターやガンキャノンで相手を動かして、ガンタンクで着地取りや追い討ちをする

相手を動かすために誘導のコアファイターやガンキャノンを使って、プレッシャーをかける。

相手がブーストを消費したところにガンタンクを置いておく。

さらにバズーカでもプレッシャーをかけ続ければ、相手にとって嫌な攻撃になる。

④勝てそうだからといって、絶対に油断しない。

今回、かなり押し気味に対戦を進め、絶対勝てそうと思って油断してしまい、負けてしまったことがありました。

しばらく意気消沈してしまうとても残念な結果です。

この逆でもうダメだと思った対戦でも、諦めずにプレーし続け、大逆転した試合もあり、最後までわからないものだと痛感。

絶対に油断したり、諦めたりしてはいけない。

⑤起き上がりにスーパーナパームを重ねる

相手の起き上がりにスーパーナパームを重ねて、タイミングがあえば当たる。

当たらなくても、相手を動かせるので、起き攻めには有効です。

相手との距離があれば、起き上がりにはどんどんナパームをばら撒こう。

味方の被弾には注意です。

⑥意外と届くブーストダッシュ格闘

近距離でビームライフルがヒット後に、ブーストダッシュ格闘で追いかけると意外と届きます。

そのままコンボに移行すればダメージ大。

ニュートラル格闘や横格闘では届かない距離では、ブーストダッシュ格闘で安定です。

あとがき

さすがに109回も対戦をすれば少しは気づきがあるものです。

6回ということは、18回対戦をして1回気づきが得られる計算になります。

これからもどんどん気づいて、勝率を上げていきたいですね。

ねじねじでした。

P.S ▼▼▼ジャベリン3が珍しくヒットしたよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である