マキブon 初代ガンダムでプレー。勝てない時はガンキャノンを使ってみる。

マキブon、初代ガンダムでプレーしてきたよ。

プレー時間帯は15時15分〜16時40分、勝敗は15勝15敗の勝率50%でした。

2分の1の確率で勝てるようになってきました。
強い時間帯を選ばなければ、この勝率をキープできるかな。

もっと戦い方を研究して目指せ勝率6割だね。

 

ガンキャノンの使い方

初代ガンダムを使っている人で、ガンキャノンをうまく使っているプレーヤーにめぐりあったことがないんだよね。

それくらいガンキャノンの使い方ってシーンが限られてくるんだろうか。

▼wikiによると以下の通り、引用するね。

誘導を切らない安易な着地はほぼ食えるうえ、地走機体はまずステップを踏まないと掴まれるレベルの強誘導も魅力的。
特に長時間相手を行動不能に出来るのが大きく、終盤戦など相手を片追いしたい時に使うと相手の焦りも誘える。
また、命中を見た時点でロックを外して敵相方をガン追い出来る。
追撃も入れられるが、基本は放置を選んだ方が拘束の利点を活かしやすい。追撃は撃墜出来る場面と割り切ってもいいだろう。
先の通り対地走であればステップを強要出来るレベルなので、こちらを選ぶべき場面は十分存在する。
安易な封印は勿体無い。特に終盤の詰めで相手にしたくない側に当てられると、安心して片追いに移行出来る。

誘導が強烈で相手のステップを強要しやすいと書いてあるね。

確かに強力な誘導だということを改めて認識して、相手がステップを踏んだところにあえて突っ込んでいく奇襲もありかな。

うまく拘束したらダメージが欲しくて、ビームライフル→バズーカで追撃したくなるけれど、戦局によっては放置して片追いに移行する方法もあるんだね。

それとガンキャノンばかり連打する方法も斬新だよね。

前回のブログでガンタンクからのガンキャノン連携を書いたけれど、ガンキャノンの戦法をまとめると以下の通り。

  1. ガンタンクでブースト切れを誘い、ガンキャノンをおいておく。
  2. ガンキャノンの強誘導でステップを誘い、奇襲をかける。
  3. ガンキャノンばかり使う。

 

今回思ったのは、とにかく新しいことをたくさん試して、相手に「あれ、今回はいつもと違うぞ」と思わせること。

少しでも混乱を誘えば、戦局をガラリと変えるチャンスになるよ。

 

今日はこの辺で、またね。

P.S.  作戦はいつも、「いろいろやろうぜ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である