箱根の塔ノ沢温泉『一の湯本館』の良い点を7つ紹介。

 箱根の塔ノ沢温泉『一の湯本館』に泊まったよ!

こんにちは、ねじねじです。

12月8日(金)に1泊2日で 塔ノ沢温泉『一の湯本館』 泊まってきたよ。

今回は社員旅行で行ったけれど「改めて個人でも宿泊したい!」と思いました。
良かった点を7つを紹介するね。

①寛永七年(1630年)に建築の建物。

めちゃくちゃ古い旅館だよね。
こんなヴィンテージな旅館に泊まれるなんて幸せだよ。
古い風情のある旅館に泊まりたいという方には本当にオススメです。
外観も上の写真の通り雰囲気があるでしょ。
2009年に国指定登録有形文化財(登録番号14-0155)へ指定されたとのことで、さらに箔が付いたよね。
なお木造4階建てだけれど、館内にエレベーターはないよ。
階段での移動となるから、その点に気になる人はいるかもしれないね。

②露天風呂や展望風呂付の客室が多い。

全客室数は全部で22室と少なく、旅館としては小規模の分類に入るよね。
客室22室のうち半分近くの10室が、露天・展望風呂付きなんだよね。
しかも全室が早川渓谷に面しているから、この時期でも下の写真の通り箱根の紅葉を楽しむことができたよ。
11月に来ていれば、もっと鮮やかな紅葉を見れたはず。

無料WiFiは完備してるよ。

個人向けの旅館だけれど、宴会場も2階と3階に一つずつ設置されているので小グループのお客様にも最適です。
ちなみに全館禁煙だから煙草を吸いたい人には不便かもしれないけれど、玄関外に喫煙所があるので早川を見ながら吸うしかないよね。

▼この写真は客室露天風呂だよ。
たまたま同行者の客室が運よく露天風呂付になっていて写真を撮らせてもらいました。
紅葉も見えていて、とてもいい感じ。

▼客室の広縁部分は、下が床なのもあって少し寒かったけど、畳部屋にいたから気にならなかったよ。

▼今回は使用しなかったけれど、古い内風呂も付いていたよ。

③箱根湯本駅からタクシーで約5分の立地。

箱根湯本駅からタクシーで約5分、800円もしなかったと思う。
近いよね。
最寄駅は塔ノ沢駅だけれど、タクシーか路線バスで移動した方が楽だよ。
翌日は路線バスで100円だったかな。
旅館前が停留所でしたので、これまた便利でした。

④リーズナブルな金額設定。

コストパフォーマンスは最高です。

一の湯本館

⑤また泊まりたくなる夕食、朝食。

夕食は箱根豚のしゃぶしゃぶ、刺身盛り、さわらなど量もちょうど良かった。

朝食会場は4階の食堂で和食です。
会場も雰囲気が良かった。

⑥客室の露天風呂は、源泉掛け流し。

客室の露天風呂は源泉掛け流しって贅沢だよね。
↓大浴場は循環併用式です。
珍しくシャワーはついてないんだよね。
頭を洗うときは桶でお湯を汲んで、ザブザブと頭からかぶるしかないんだ。
なお客室の露天風呂には、シャワーは付いていたよ。

⑦暖かいスタッフの方々。

ホテルスタッフの方は親切だし、気さくだし言うことなかったです。

▼売店もあります。

▼1階の休憩スペース

一の湯本館、本当におすすめです。

今日はこの辺で、またね。

P.S. また泊まりに行きます。

関連記事>>>旅行会社に勤務して17年目の社員が語る「こんなホテルは嫌だ!」10か条

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である