タイ・パタヤでビーチパーティをするなら、インターコンチネンタルパタヤで決まり!

ねじねじです。

先週のタイ添乗の疲れがようやく抜けてきて、今日、久しぶりのブログ投稿となりました。

タイ添乗の最終日の夕食はインターコンチネンタルパタヤで実施したので紹介するね。

写真の通りプライベートビーチ貸切での宴会パーティができ、お客さまからとても良い評価を頂きました。

もちろん個人的にも良い選択だと感じました。

ホテル立地

ホテルはパタヤ市内から車で20分ほどの距離なのでそれほど遠くなく、市内の喧騒から離れてパーティができます。

サンセット

2月の日の入りは18時15分くらいだから、18時からパーティを開始すれば綺麗な夕日を見ながら乾杯ができるよ。

プライベートビーチ

小グループには丁度いい広さで、ビーチを貸し切ってのパーティができます。
砂浜も真っ白で、波の音も非常に静か。
有料だけれどシンガーを呼ぶこともでき、特別な夜を過ごすこともできます。
喫煙も灰皿さえあればどこでも可能だよ。
トイレも正面の建物の中にあり、合わせて休憩スペースも用意されています。

料理内容

夕食内容は西洋コース料理で前菜、パン、スープ、メイン(肉または魚)、デザート、コーヒーです。
コース料理の内容もテーブルの上に紙面で置かれています。
メインの肉の焼き具合はもちろん選べるよ。

飲み物

ビール、ワイン、ウィスキー、ソフトドリンクなどたくさんあります。
高級ホテルだからワインなどは高いイメージがあったけれど、1,000バーツくらいからあったよ。
グループ専用のバーカウンターも無料で設置で、飲み物の持ち込みも有料だけれど可能です。(ワインでもウィスキーでも1本500バーツ)

スタッフのサービス

5つ星ホテルだけあって、スタッフの動きは早いし、笑顔を忘れずサービス精神旺盛だったよ。
貸切パーティ時に一般の宿泊客が散歩をしにきても、丁重に離れてもらうよう説明して下さいました。

デメリット

ちょっと気になったのはホテルフロントからプライベートビーチまでは少し距離があって、しかも坂道を降りていくことになるから歩くにはちょっと大変かな。

それを補うためにホテルスタッフがゴルフカートで途中の階段まで送迎はしてくれるけれどね。

結局、3時間近く滞在したことになりました。
最後の良い思い出になったのではないかと思うよ。

パタヤ市内の賑やかな場所に泊まるのもいいけれど、今回のインターコンチネンタルパタヤのように市内から少し離れた静かなホテルでゆっくり過ごすのも楽しいだろうと想像します。

今日はこの辺で、またね。

P.S. このインターコンチネンタルホテルパタヤ、個人的に泊まってみたいです。

関連記事>>>添乗員の最後の挨拶を紹介。

関連記事>>>添乗員の『朝の挨拶』を紹介。

関連記事>>>旅行会社に勤務して17年目の社員が語る「こんなホテルは嫌だ!」10か条

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である