2018年12月30日(日) 休職生活30日目。友人との飲み。

2018年12月30日(日)、休職生活30日目。
起床時間12時。
二度寝をしてしまい、遅く起きた。

午後はひたすら多読。
今日の多読でだいぶ気づきを得ることができた。
印象に残った言葉を引用しておこうと思う。

仕事は自分の成長のためにすること
今の会社に残るのも、次の会社に移るのもどちらも正解
どちらからも逃げるのはストレス地獄
相手や環境ではなく自分を変えていく
環境を変えても自分を変わっていないと、結局同じことになる
自分を変えていくことで状況は変わる
今、目の前に渡されたものを1箇所でも好きになる力を持つ
いいことも悪いことも続かない
初めてのことで失敗しても、そこから学びがある
過去に体験があるものを選んで失敗しても、そこから学びや成長にはつながりません。
同じストレスを経験するなら、学びや成長の蓄積が効くことをする
「今日、いくつ初めてのことをしたか」「今週、いくつ初めてのことをしたか」
やりたいことがわからない人は、まず今やっていることを一生懸命やる
天職とは人の役に立つこと
今は好きでなくても食べていけることを、自分なりにコツコツ頑張り、そのうち好きなやり方が見つかる。
最終的に好きで食べていけることにたどり着ける。
好きにこだわらず、まずは食べていけることで基本を学ぶ
本当のどん底は迷っている暇はない
異動することで、辞めずに生まれ変わる
異動になればその部署のしきたりや作法を身につける
自分より年齢が下の社員でもその部署の先輩として素直に仕事を教えてもらう姿勢を見せること
前の部署ではという話をしない
異動は会社を辞めずに転職できるようなもの、マンネリを打破できる。
転職にはリスクはあるが、異動にはリスクはない
学校で言うと席替え・クラス替え・転校のような楽しさ、決して退学ではない
今までのキャラを別人に切り替えることができるチャンス、こんな新鮮なことはない、最高の刺激システムが異動、もう一度人生をやり直すことができる
生まれ変わりたい、向上したいという願望を満喫できる
「人が好きだけど仕事が嫌い」という時は、その人についていく。
仕事も上司もどちらも好きという状況は、まずない。まずないというか、ゼロだと思っていい。
「やりたいことが見つからないから、やらない」と言っている人は、永遠に見つからない。
そういう人は、自分の未来を一生懸命探そうとしています。
未来は、どこか遠いところにあるわけではありません。
今、自分の手の中、目の間にあるのです。
夢を実現しようと思ったら、今、目の前にあることを本気で片付けていきます。
自分探しは現状の否定です。
今、目の前で起こっている、自分が与えられた現実から逃避しいるのです。
自分は今、ココにいる。
自分探しをしない。
やりたいことが見つからないと言っているうちは、文句も言われず、努力もしなくてすむので、一番心地いいのです。
仕事をやるのも、昨日より今日、今日より明日、1センチでも成長していくため。
毎日毎日生まれ変わっていく。
「あなたのために○○」は聞き流していい。
「あなたのために言ってあげてる」余計なお世話です。
余計なお世話をいう人は味方ではありません。
本当の見方は黙っています。

18時30分から友人と飲む。
海鮮屋で生ビール、れんと水割り、ハイボール、二次会は近くのスナックでバカ話。

明日で今年も最後。

休職30日目に実行したこと

●心
・アマゾンプライムミュージックで音楽を聴く
・多読14冊

●技
・ブログ更新

●旅
・千葉県の実家で過ごす

●プライベート
・友人と飲む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である