2018年12月31日(月) 休職生活31日目。ターニングポイントについて

2018年12月31日(月)、休職生活31日目。
今年も最後の1日となる。
8時起床。
身体に前日のアルコールが残っていないことを確認するが、薬を一応飲んでおく。

いつも通り多読開始。
今まで何ども繰り返し読んできたターニングポイントの本を再度読み直す。
心にグッときたところを引用しておきます。

ターニングポイント
大きく変化
自分が良いと思ってきた考え方を捨てた瞬間
絶対やってはいけないことをやってみた
絶対やった方がいいと思ってきたことをやめてみた
決断 はい!もう終わり 捨てた瞬間
キレていい、もういい!
大きな出会いがあったり、会いたかった人に会えたりするのは、自分が今、転機に差し掛かっているから
長く続いていたいろいろなものが終わり始めるのは、自分がワンステップ上がるための転機を迎えているから
だから落ち込まなくていい
逆に「一生続くと思っていたこと」が本当に一生続いたとしたら、それ以上のステップには上がれない
今まで仲の良かった人が遠くへ行ってしまったり、別れたり、疎遠になることも、全ては自分が転機に差し掛かっている証拠
転機をうまく乗り切ってワンステップ上がってから別れが起こるのではなく、別れてから転機を迎えるという順序
まず1歩踏み出してみて、今までとは全然違う景色が見えるという体験をしてみましょう。
それすれば、2歩3歩と踏み出していけるのです
転機に「悪いこと」はありません。
転機や変化は、全てワンステップ上に上がるチャンスです。
今まで選ばなかったような仕事を引き受けてみることで、その仕事の面白さに気づいたり、新しい自分を発見したりします。
転機は、自分自身がつくらなくても、まわりがうまくつくってくれるものなのです。
右脳の直感で決める方が、転機をうまく乗り切ることができる
本気で変わりたいと思ったら、もう変わり始めている
「今、自分は何かを経験し、何かと交流し、何かを学んでいるだろうか」と常に考えながら転機を楽しむ
「最近、大勢の人に次から次へと会う機会が多い」と感じたら、それはあなたが転機に差し掛かっているのです。
転機には大勢の人に会いましょう、ハズレた時もそれほど落ち込むことはありません。
一番気をつけなければならないことは「かかわってはいけない人」にかかわらないこと。
転機は右にも左にもブレやすい時期。その時期にかかわってはいけない人にかかわると、転機はうまくいかない。直線コースに引き戻されたり、バックしたりするのです。
一緒にいると元気が無くなったり、やる気が無くなったり、理屈っぽくなってしまう人や、「君のやっていることは間違っている」と忠告する人にかかわってはいけません。
大勢の人に会うことは大事です。
その中で「こういう人とかかわってはいけない」という勘を磨きましょう。
かかわってはいけない人にかかわるとネガティブな世界に引きづり込まれる。
根拠のないいい予言を信じる
リスクを承知で進めば、転機を乗り切ることができます。
ニコニコ笑って楽しく乗り切りましょう。
「曲がり角」で持っているのに気づかなかった宝物に気づける
どん底の中で初めて「涙が出る一言」に出会えたのです。
「どん底」は、別の言い方をすると「転機」です。

「曲がり角」は、一瞬で決まる。だからスピード勝負
チャンスや出会いは曲がり角にある
「終わること」もチャンスと考えよう
アンハッピーなことでも、体験してきたことは全て人生においての財産になります
それが転機での武器になるのです。
転機の一つの特徴は体を壊すことです。
理由の一つは体質が変わるからです。
転機の前で一旦悪いものを出して、エネルギーの交換をしているからです。
古くなったオイルを捨てて、新しいオイルに切り替えている状態です。
いったん休みを取ったり、体質を改善して、将来のエネルギーを蓄える意味があるのです。
体を壊したら「自分は今、転機に差し掛かっている」と考えましょう。
「自分は今、生まれ変わっている」と考えればいいのです。
旅行は転機の予兆であると同時に、転機を進める時の1つのエネルギー源になるのです。
転機で大切なことは、ゼロからやり直す覚悟を持つことです。
今ある蓄積を生かして何か新しいことを始めようとしても始められません。
今までやってきたことがムダになっても「ゼロからまたやり直そう」とする人の方が、結果として蓄積を生かせるのです。
「いつでもゼロからやり直せます」という人が転機には最も強い。
変わらなければならないのは、人生のコースではなく自分自身です。
自分自身が変われば、おのずとそれが転機になります。「変わりたいけど変われない」という人は、相手や周りの状況を変えることばかりを考えています。
そういう人はいつまでたっても変われません。環境が変わらなくても、自分自身が変われば、まわりの状態はガラリと変わります。
同じ時、同じ場所、同じタイミングでも環境のせいにしてチャンスを逃す人と、自分を変えてチャンスをつかむ人がいるのです。

まだまだ自分自身ブレていますが、これも転機の証拠だと思うことにします。

今回のことが良い転機になりますように。

休職31日目に実行したこと

●心
・アマゾンプライムミュージックで音楽を聴く
・多読55冊

●技
・ブログ更新

●旅
・千葉県の実家で過ごす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である