2019年1月8日(火) 休職生活39日目。千葉県浦安市に行き、元・会社の先輩と会う。

2019年1月8日(火)、休職生活39日目。
今日は辞めてしまった会社の先輩と半年ぶりに浦安で会う。
元、私の上司。
14時30分に約束をしているので、13時過ぎまでは自分の時間があるが、落ち着かない。
色々な感情が湧き上がってくる。
不安感がすごく大きくて落ち着かない気持ちになっていた。
とりあえず心を開いて話をするしかないと腹をくくる。
開けば必ず入ってくる。
傷つくこともあるかもしれない、凹むこともあるかもしれない、かまわない、全ては流れて循環していく。
「大丈夫、ここは人の助けをもらうところだ」と言い聞かせる。

午前中は部屋の掃除、ブログ更新、マンガ「正直不動産2巻、3巻」を読む。
ジョギングしようかとも思ったが、マンガを読みたかったのでマンガを優先した。

午後、浦安へバスで行き、駅前で待ち合わせ。
半年ぶりに会う元上司はとても元気そうだった。
転職した仕事内容を活き活きと教えてくれた。
少し羨ましく見えた。
サイゼリヤで2時間くらい話し込んだ。
元上司は車で来ていたのでドリンクバーを注文していらっしゃったが、私はビールを飲みたくなったので、生ビールを注文。
過去の自分であれば、遠慮してドリンクバーを頼むところだったが、いつものパターンを崩してみたくなって本心に従った。
結果は上司も「どんどん飲め」と言ってくれるし、自分も飲みたいものが飲めて気分がいい。
遠慮する必要なんかなかったじゃないか、自分が悪夢を思い描いていただけだ。

色々と楽しく話ができて、素直に嬉しい。
結果的に背中を押してもらえたので、良かったと思う反面、少し厳しい言葉もセットでいただいた。
少したじろいだが、開いて話をしているから、そういう言葉を頂けたと感謝する。
開いたから、人の助けが入ってきたんだと思う。
これが「愛」と呼ばれるものなのかな、とも感じた。

どんどん開いていこう、古傷をさらしていこう。
大丈夫、全ては循環していく。
開けば嫌なこともたくさん入ってくるだろう。
でも、流れていくことが体感できれば、怖くなくなる。
どんどんダメダメな自分を出して、次に回っていくことを体感したい。
人生の流れ、通りが良くなることを実感して、恐怖心がなくなれば嬉しい。
損してもいい。
また入ってくるだろう。

今ままで怖いから、自分で鎖国していたんだ。
開国、開門しよう。
楽になりたい。

夜はだいぶナーバスになった。
復職が見えてくると不安感がものすごく強くなってくる。
まだまだ右に左にブレているけれど、しっかりとハンドルだけは握りしめるしかない。

休職39日目に実行したこと

●心
・アマゾンプライムミュージックで音楽を聴く
『正直不動産 2巻』
『正直不動産 3巻』

●技
・ブログ更新

●体
・掃除

●旅
・千葉県浦安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である