2019年1月12日(土) 休職生活43日目。成田山で厄除け、美容室で髪を切る、小学校時代の友人と会う。

2019年1月12日(土)、休職生活43日目。
休職生活も残り2週間程度。

午前中、成田山へ厄除けに行く。
本厄の年なので、念のために行くことにした。
成田山に向かう車の中で、今まで考えてきたことが色々と腑に落ちた感じがしてきて、スッキリした気持ちになれた。
これでいいのだ、という納得感が湧いてきた。
けれど、ブレまくってる毎日なので、明日には考えも変わっているかもしれない。
どうなっているのかは、誰にもわからない。

成田山に到着し、13時30分から厄除けをしてもらう。
お札が選べるようになっていて、7,000円、12,000円の2択だった。
7,000円を選ぶ。
本当に休職期間中はお金が飛んでいく。
休職中に使ったお金は、もう50万近くになる。
これもパターン崩しの一つ。

厄除け後、いつもの美容室へ髪を切りに行く。
以前からずーっとトライしたかった髪型があったけれど、恥ずかしくてずっと言えないでいた。
今日は『やりたくても、やっていないこと』をやってみよう、いつものパターンを崩してみようと思い、美容師さんに勇気を出して伝えると「いいじゃないですか、是非やってみましょう。少しずつ切りながら様子を見ていきましょうね」ということに。
それだけで思いきってトライして、本当に良かったと思った。
髪型がどうなろうと、もう満足している。
どうせ髪は伸びるのだ。

美容師さんは切りながら、トライしようしている髪型のデメリットをわかりやすく教えて下さった。
「希望の髪型を言われたままに切ると、こんなことになりますよ」と。
うまくは言えないけれど、美容師さんのその気持ちが自分の中に入ってくると泣きそうになった。
もう感動している。
美容師さんが一生懸命考えてくれること、自分も言いたくても言えなかったことが言えたこと、それだけでもう泣きそう。
美容室でジーンときて、涙ぐむなんて初めてのこと、
この美容師さんをずっと指名し続けて本当に良かったという気持ちと、これからもずっと髪を切ってもらいたいという気持ちが湧いてきて、泣きそうになるのをグッとこらえる。
髪を洗ってもらう時に顔に置かれた紙、洗い終わった時に渡されたホットタオル、、、涙を拭くにはちょうど良かったかな。
こんな気持ちはいつものパターンを崩したからこそ、入ってきたこと。
いつものパターンを崩して変化すること、心を開くこと、それだけで人生が簡単に変わってしまう。
目の前の世界も変化してしまう。
結果として、髪には大満足だった。
何だろう、この世界は。
やりたくてもやっていなかったことをやるだけで、簡単に変わるじゃないか。
幸せは自分の行動次第だ。
ただ困ったことに、「会社に戻って、今までやってきた法人営業の仕事でも良いかな」と思ってきてしまった。
今日、私が受けたように「お客様を感動させる仕事もやっぱりやりがいはあるよね」と。

髪を切った後、千葉の実家に帰る。
夜は小学校の友人と1年半ぶりに会う。
『寿司屋のとと村』と『わさび』の2軒をハシゴして、いろんな話をした。

休職43日目に実行したこと

●心
・音楽を聴く

●技
・ブログ更新

●旅
・成田山で厄除け。
・千葉の実家に帰る。

●プライベート
・『寿司屋のとと村』、『わさび』で飲む。
・美容室で髪を切る

関連ランキング:寿司 | 旭駅

関連ランキング:居酒屋 | 干潟駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である