2019年1月15日(火) 休職生活46日目。会社に復職希望の電話をする → オープンカウンセリングへ行く → 母親に殺される夢を見る

2019年1月15日(火)、休職生活46日目。

朝起きて、部屋の掃除、アイロンがけをすませる。
アイロンがけでワイシャツのシワを伸ばしていくと、自分の心のシワも伸びていくみたいで気持ちがいい。

本日が会社へ復職するかどうかの回答期限

今日が、会社に復職するかどうかの連絡をしなくてはならない回答期限の日。
あっという間にこの日が来てしまった。
この日のために今まで、本を読み、人に会い(会社の先輩、後輩、会社を辞めた先輩、姉、親、家族、友人、昔の友人、セミナーの先生)、考え、走り、旅に出かけ、厄除けに行き、お参りに行き、髪を切り、同業他社の見学に行き、ハローワークに行き、転職サイトに登録し、古いパソコンを売り、新しいパソコンを買い、机と椅子を新しくして、起業セミナー、心の初級セミナーに行き、開業届を出し、新ブログを立ち上げ、湘南マラソンに参加し、健康診断に行き、歯医者に行き、マッサージをしてと、とにかく色々なことをしてきた。

休職とは「仕事から離れて休むこと」だと思うが、自分は「休職」ではなく「休職活動」をしていたように思う。
休んでいない。
活動をしてきてしまっている。
体は元気だからという理由で、いつも行動してきた。
いつも動いていないと落ち着かない哀しい性を背負っているみたいに。

結局、今、自分が持っている答えは「復職すること」しかない。
本当にこれでいいのだろうか。
迷いが消えない。
吹っ切れない。
自分で選んで、決めることができない。
流れに身を任せることしかできない気がする。
復職をして、会社に戻り、どの部署になろうが、自分を納得させるための材料は揃えてきたつもりだが、会社に戻って何をやりたいのかが全くわからない。
わかっているのは、「この部署には入りたくない」「この人とは働きたくない」「この人の部下では仕事はしたくない」というくらい。
嫌なことなら、すぐ思いつくが、結局のところ消去法なのでどこにもたどり着けないように感じる。
自分の本音が正直なところ、まるでわからない。

ただ回答期限が今日なので、電話をするしかない。
強制シャットダウンするみたいに。
とりあえず流れに身を任せるということしか、選択肢が残っていない。
この時点で既に焦りのような気持ちを抱えていたが「なるようになる」と自分に言い聞かせ、焦燥感を無理やり抑えつけてから、午前10時を過ぎたあたりで会社に電話をする。
電話に出たのは在職中にとてもお世話になった方で、私の仕事を色々と引き継いでもらった。
私が電話したことに対して、もっと喜んでくれるものだとどこかで期待してしまっていたせいか、そのそっけない態度に驚きと寂しさにも似た気持ちを感じる。
上司に電話を取り次いでもらい、復職希望の旨を伝えたが、上司もそっけなくあまり嬉しそうではない。
「今後の仕事内容について、会社側と相談していかないとね」くらいの呆気ない感じ。
電話を切った後、ものすごい不安になってきた。
自分の居場所はあるのだろうか、自分は求められているのだろうか、実は誰も自分のことなど求めなくて、それに気づいてないのは自分だけじゃないだろうか。
そんな気持ちが湧き上がってきて、どうしても抑えることができない。
なぜ上司は嬉しそうではないのだろう。
休職するときに「良い返事を期待しているからね」と言ってもらえたのに。
おかしい。
そもそも復職することに対して、自分自身、嬉しいのだろうか。
全く嬉しくない。
嬉しいわけがない。
復職祝いなんて誰にもして欲しくない。
激励の言葉は一切いらない。
そんなもの求めていない。
復職することが決まり、物事が前に進んでいく感覚が得られると、急にものすごい不安、焦り、恐怖心などに囲まれている自分に気づくことになった。

オープンカウンセリングへ行く

午後になっても不安感は全く消えない。
何だろう、この気持ちは。
自分の本音がわからない。
私は何をしたいのだろう。
What do I do?
この簡単な問いに答えられない。
ずっと考えてきて答えられないということは、そもそも問題でもなかったのか。
いずれにせよ、わからないということは、わかる。

ブログ更新をしたり、インターネットで休職から復職するにあたっての経験談を読んだりするが落ち着かない。
復職が決まると皆、同じような焦りに似た気持ちになると書いてあるが本当に同じなのだろうか。
無性にカウンセリングを受けたくなってきた。

ネットで検索すると、1月5日に受けた初級セミナーの系列の認定講師がオープンカウンセリグというものを、本日、九段下で18:30〜20:30で開催していることを知る。
何でもいい、誰かに今の気持ちを話したい。
支払う金額は自分で決められるとのことなので、即、申し込んだ。
他のカウンセリング希望者と、同じ会議室でロの字になって座り、もし希望があれば先生と皆の前でカウンセリングをするらしい。
カウンセリングをしたくなければ、黙っていて座って、時間がきたら帰るだけもOKとのこと。
それなら参加しやすい。

九段下の会場に10分前に着くと、そこは小さな会議室。
先生らしき人と、もう1名の計2人が既に隣り合って話をしている。
私が入ると、一人が帰る支度を始めたので、どうやらオープンカウンセリングの受講者ではないらしい。
現時点でオープンカウンセリングに来た人は、私だけということになる。
先生に今日の参加人数を伺うと、私を含めて2名のみらしい。
しかも、もう1名は少し遅れて来るとのこと。
ということは、先生と二人きりでカウンセリングが始まってしまう。
結局、18:30を過ぎても、会議室にいるのは先生と私だけだったので、カウンセリングがそのままスタートしてしまった。
先生の他に聞いている人がいないので、全部思っていることを包み隠さず話す。
1年半前から蕁麻疹になった経緯から始まって、休職に至るまでの道のり。
全て話ができた。
今まで何度もいろんな人に話してきた内容だ。
話せる。
30分くらいは話したと思う。
先生は母親に関する質問をいくつか投げかけてくれ、どうやら私のガンバリやガマン、人からの頼みに断れない癖、相手主体の期待に応えようとする癖、その他色々な人格形成について、家庭環境が大きく影響していることがわかってきた。
6つ上の姉は私が小学生の時から家出を何度も繰り返していたが、母親から逃れるために家出を繰り返さなくてはならないほどの家庭に育ってきた事実。
恐ろしい家に生まれ育ってきたのかもしれない。
母親の親も厳しく、縛るタイプ。
そのまた親も同じようなタイプ。
負の遺産の連鎖。
ずっと途切れることはない。
母親の姉妹の子供たちを見ても、働かない、引きこもり、家出、蒸発など、まともな家庭が一つもない。
これは偶然なのだろうか。
本当にまともに育ってきた子どもがいないのだ。
先生から「よくガンバってきたね。ガマンしてきたね」と言われた時は、既に泣いていた。
涙を止めることができない。

今日の復職希望の電話後の焦燥感についても、自分の本音は「まだ会社に行きたいくない。働きたくない」ということがわかってきた。
「OK、正直に認めよう、自分は会社に行きたくないのだ、できることなら自分が働きたいと思うまで休んでいたいのだ」と。
これが自分の本音だったことに気づくまで、随分と時間がかかった。
会社に電話した時の相手の反応にがっかりした理由も、結局は自分の評価を他人においているからなのだ、と。
自分の人生を生きていない。
他者評価を重要なものと考えてしまっている。
自分で自分を受け入れることができないような気がする。
自分を受け入れられない、認められないから、常に成長しようとがんばる、他人の期待に応えようとする。

もちろん軸もないから、ブレまくる。
ずっと認められたい、褒められたい、受け入れて欲しい、で今まで過ごしてきてしまっている。
まだまだ自己否定の世界にどっぷりと浸かっている。
いつも満たされていないから、何かしていないと落ち着かない。

思い出したように姉と話がしたくなった。
なぜ家出を繰り返したのか、どんな気持ちだったのか、とか。
先生に質問されれば、話したいことが次から次へと出てきて時間が足りない。
結果的に2時間のうち1時間15分を話してしまった。
先生からの結論は「心が回復していないのだから、もっと休職していいんだよ」ということ。
先生からそう言われると一時的に安心するが、少しすると「本当に休職を続けていていいのか」という不安感が出てきてしまい、先生に何度も「休職を続けていていいのか」と繰り返し聞いてしまった。
休職を延長することは、今の自分の中では一番のタブーで、一番勇気のいることだ。
それを破るのはとても勇気のいることだが、パターン崩しの一つだと思えばいいのかもしれない。
一番勇気のいることだけれど、少しワクワクしているのは気のせいだろうか。
先生からは「飽きるほど休職しなさい。休職のプロになりなさい」と言われて、少し気持ちが楽になった。

同席している受講者からコメントを頂くワークがあるのだが、そのコメントが下記。
・十分、人生を楽しんでますね。
・人間味のある人生ですね。
これを聞いて、自分は人生を楽しんでないと思っていたのに、客観的に見ると楽しんで見えるらしい。
「自分が人生を楽しんでる?そんなことあるかいな」と思ってしまい、笑いすぎて悶絶しそうになった。

一転して、今度はもう一人のカウンセリングを先生と聞く立場になる。
聞いていて、まず思ったのが、みんな悩んでいるのだということ。
人の本当に苦しんでいる悩みを聞くのは久しぶりのことだった。
聞いていて、これは苦しいだろうと想像する。
相談者が泣きだすと、自分も泣いてしまった。
うまくいくといいと思う。
自分には聞くことと、祈ることくらいしかできることがない。
私から相談者へのコメントへは下記。
・もっと寝込んでいてもいいんじゃないですか。
・すごい人間味ありますね。
・よく喋りますね。
・2年8ヶ月も休職していて、休職のプロですね。
・すごいチャレンジングで、行動力がすごいですね。
・本当に人間味がありますね。
・カウンセラーになったらどうですか。

こういったコメントは、実は自分のことにも当てはまるらしい。
なるほど。
もっと寝込んでいてもいいのだ、と思えてきた。

母親に殺される夢を見る

苦しみの根はまだまだ消えないが、とりあえずは復職は撤回して、休職を延長することを決めた。
医者から傷病手当の診断書がもらえるかどうかが、心配。

自宅に帰り、ご飯を食べ、風呂に入り、布団に入るが、うまく寝付けない。
目を閉じると、今までの色んな辛い思い出が蘇ってくる。
特に母親との関係を振り返っていた。

その夜、母親に開いたハサミで殺される夢を見た。
その時の母親の顔が、子どもの頃に見た自分を受け入れてくれない時の怒り、冷たさが入り混じった顔だった。
ものすごい恐怖を感じる。
ただ、その恐怖感は子どもの頃に受けた恐怖感と全く一緒。
子どもの頃というとだいぶ昔の話だが、その時の感じた恐怖感はまだ身体に残っていたことを知る。
今となっては忘れていたはずの気持ちを思い出すハメになるなんて。
トラウマのようなものは、やはり残っていることを強く認識せざるを得なかった。
夜中の3時に目が覚め、もちろん、そのまま眠ることができず、仕方がないのでインターネットで夢占いを調べる。
どうやら母親に殺される夢は、生まれ変わりの暗示らしいから、悪い夢ではなさそう。

これからの人生、どうなるのだろうか。

とりあえずアイロンで心のシワを伸ばすことを継続するしかないみたいだ。

 

休職46日目に実行したこと

●心
・九段下へオープンカウンセリングへ行く
・音楽を聴く。

●技
・ブログ更新

●体
・アイロンがけ

●プライベート
・掃除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である