【読書感想文】『黄金のアウトプット術』成毛 眞【著】とにかくアウトプットせよ。

『黄金のアウトプット術』成毛 眞【著】 を紹介します。

本書を読んでみて、とにかく「アウトプットせよ」と書かれている印象を持ちました。

要約すると「みんなインプットしすぎだぜ、インプットばかりしてアウトプットしなくてどうすんの。

アウトプットするからさらに良い情報が見つけられるし、吐き出すことで情報は入ってくるんだよ。

インプットしすぎ、真面目か。こんな風にインプットして、こんな風に書いたり、話したりしてアウトプットするといいよ」といった感じです。

『本は10冊同時に読め』でも知られる成毛 眞さんのアウトプット術が公開されています。

インプットだいすき、アウトプットに興味がある方には面白くグイグイと読めるはずです。

こんな人にオススメ

  1. インプットばかりしている人
  2. アウトプットの仕方を知りたい人
  3. アウトプットの質をさらに上げたい人

インプットの量>アウトプットの量の人には是非おすすめです。

自分のこころにグッときたところベスト3

第1位 書くアウトプットがいちばんラク

HONZではニューフェイスに書評の書き方を教える場合には、やはりブロックを意識させるようにしている。こんな具合だ。

第1ブロック:その本の印象の紹介。100文字で、この文章を読む人にどう思って欲しいかを伝える。面白い本なんだなと思ってほしければ、100文字を使って面白い本であることを伝える。

第2ブロック:その本の読者の想定。100文字で、この本はどんな人におすすめか、読者について言及する。そこに自分が当てはまると思った人は、その先も読み進めることになる。「社会人におすすめ」ではなく、「仕事に慣れてきて、新しいことに挑戦したいとうずうずしている社会人におすすめ」などと、できるだけ具体的に。

第3ブロック:その本の中身の紹介1。100文字で、その本の面白さはどこにあるのか、その全体感を伝える。歴史の本なのか、科学の本なのか、書いた人はどんな人なのか、このブロックを読めばざっと把握できるようにする。

第4ブロック:その本の中身の紹介2。中身の紹介を100文字でするというのはなかなか難しい。文字数が足りないのだ。そこで、もう1ブロックを概要紹介にあてる。できれば、第2ブロックとは別の側面をピックアップできると良い。

第5ブロック:その本の具体的な中身の紹介1。つまり引用だ。代表的かつ特徴的な文章を引用し、なるほどこういうことが書いてある本なのかと理解してもらう。ここは100文字にこだわらず、多少、文字数が前後しても良しとする。柔軟であることが肝要だ。

第6ブロック:この本の具体的な中身の紹介2。ここも引用だ。第5ブロックで紹介した文章の次に、代表的かつ特徴的な文章を引用する。さらに理解を深めてもらう。

第7ブロック:この本の著者の具体的な紹介。第2ブロックあたりで著者については紹介済みのはずだが、文章を紹介したあとなので、それを書いたのはどんな人?という関心を持った読者へのサービス精神をここで発揮する。

第8ブロック:なぜこの本を取りあげたのかだめ押しをする。面白そうだな、読んでもいいかなと思っている読者に、読みたい、読む、と決断させるためのブロックだ。

各ブロック100字で、8ブロックで800字の書評を書く方法が書かれています。

100文字単位なら負担にならないから、書きやすいよね。

ブロックの入れ替えも可能だと述べれています。

僕は引用はよく使うけれど、著者の紹介はあまり書いたことはなかったので、取り入れてみることにしますね。

本書の著者は元マイクロソフトの社長で、書評サイト『HONZ』の代表でもある方なんだよね。

読書量はピカイチという印象を持っていて、なんとか術とかなんとか力といった本を読むのはカッコ悪いという言葉が印象に残っています。

難しそうなノンフィクションを面白がって読めるすごい方です。

第2位 やるほど上手くなる!話すアウトプット術

なので、話すときにも、書くときのように「何を話すか」を最初に決めるべきだ。
厳密に決める必要はない。だいたいこんなところかなといった程度でよろしい。その「だいたいこんなところ」は、見えないアドバルーンとして、頭上に浮かべる。そしてそのアドバルーンを毛糸玉に強引に置き換える。そして毛糸玉から毛糸をするする引き出すように、言葉を引き出す。
途中で言葉に詰まったら、はて、なんの話をしていたかと、その毛糸玉、さらにはアドバルーンを思い出す。すると、次の言葉が出てくるはずだ。文法通りである必要などない。
これは文章ではなく、話なのだから、文法的に満点の文を構成することより、話したかった毛糸玉から、毛糸を引き出すことだけに集中すればよい。
話しはじめるときに毛糸玉を意識していれば、仮に途中で毛糸の先を見失っても、また毛糸玉に戻ればいいだけだ。戻れる場所を用意しておくのが、話の準備の9割を占める。

なるほど〜。

話の要旨を毛糸玉にたとえて見失わないように、イメージしながら話すんだね。

会社の朝礼では、いつもキーワードを暗記したり、紙に書いたりして望んでいたよ。

これならキーワードを暗記しなくても済むかもしれないね。

今度の朝礼で試してみよう。

第3位 嫌いなもの、苦手なものに近づかない

知識のインプット過剰な人はたいてい、真面目である。学びたいという意欲の強さが、インプット過多の状況に自らを追いやっている。中には、苦手なものを克服したい、嫌いなものを好きになりたい、そのための努力の一環としてインプットに励んでいる人もいるだろう。
もしも、その勉強熱心な情熱の持ち主が、10代に若者なら、私は応援するかもしれない。
しかし、30代以上なら、何をバカなことをやっているのだろうと思う。なぜ、苦手なこと、嫌いなことのために貴重な時間を使うのか、さっぱり理解できないからだ。
まず、その時間が楽しいとは決して思わない。嫌だ、やりたくない、つまらない、なぜこんなことを、と常に感じているはずだ。なぜそこまで自分に厳しいのか。
それに、苦手なものに取り組むという苦行、嫌いなものに向き合うという難行、これらが仮に実を結び、苦手なものが人並みにできるようになった、嫌いなものが嫌いではなくなったとして、それにいったいどんな意味があるのか。周りを見渡せば、そんな難行苦行をしなくても、同じレベルに立っている人ばかりのはずだ。努力の方向を間違っている。その努力は、砂漠に暮らしながら泳ぎを覚えるようなものだ。
そんなんことに時間を浪費するくらいなら、得意なことをもっと得意にし、好きなものを好きにするために労力を注ぎ込み、その分野で周りに差をつけ、差別化を図るべきだ。
唯一の例外は、書くことや話すことなど、考えを伝える技法、つまりは自分自身のアウトプットのスキルアップだ。これに関しては最低でも平均程度のスキルを身につけておかないと、伝えられないことで損をする。
ただ、それ以外に関しては無理をしないこと、しているならやめることだ。苦手分野の本は読まない、嫌いな情報には触れない。そうすると、無駄なインプットが減り、無駄なインプットに使っていた時間がほかのことに使えるようになる。

確かに自分は本の読みすぎ、消化不良になっている気がするよね。

圧倒的にインプットよりアウトプットの方が少ない。

そのインプットも英語とか面白くないことを一生懸命、修行のようにやっていた時期があったけれどね。

英語ができれば英語の本が読めたり、海外旅行で楽しい会話ができると思ったけれど、その機会自体がない。

砂漠で泳ぐ練習とはこのことだよね。

英語の勉強はいったんはやめてよかったけれど、語学の勉強はいずれまたやりたいなぁとは思っているよ。

数学の勉強は思考力をつけるためにやっているけれど、うーん、面白くないよね。

数学については必要性を感じているので、もうちょっとだけ継続することにします。

あとがき

情報過多になるこの時代にいかにアウトプット側にシフトしていくか。

読めば読むほど、今まで自分はインプットばかりだったと痛感しました。

本書ではアウトプットの書く、話す、外見、技法に渡って、読みやすく書かれています。

インプット過多の方は、良い刺激が得られます。

今日はこの辺で、またね。

P.S. ツイッターでアウトプットしまくろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である