効率的な本の読み方は、三色ボールペンで線を引く→ページの端を折る→ベスト3形式で絞り込んでアウトプットする、です!

こんばんは、最近寒い日が続いてるね、ねじねじです。

今日は効率的な本の読み方について書きます。

自分の血肉となり、なかなか消えてなくならない読み方です。

効率的な血肉化する本の読み方

①三色ボールペン(赤、青、緑)で大事なところに線を引きながらまず1回読む。

 三色のボールペンで以下のように区別しながら読んでいます。
 赤=すごく大事、青=まあまあ大事、緑=個人的に面白いと思ったところ、です。
 キーワードをぐるぐる巻きにしたり、自分の言葉で一言を書き込んだりするときもあります。

 今では三色ボールペンなしでは、本を読むことができません。
 パイロット社のボールペンを使用しており、読書の必需品です。

 線を引いておくと、あとで読み返すときに非常に見やすくなります。
 時間がないときは、赤の部分だけを読んだりもできるので便利です。

 

② 線を引いた大事なところから、「心にグッときたところ」のページの端を折っていく。

 この時はブログに引用してもいいかなと思った時点で、かたっぱしから折っちゃいます。

 

 折ったページを3つに絞り込む。

 3つに絞り込めるまで何回も読み返す。

 

④絞り込んだ3つをベスト3として順位づけし、ブログに読書感想文としてアウトプットする。

 ブログにアップすることで記憶に定着しやすくなります。
 ベスト3をブログにアップせずにツイッターでつぶやいてみたり、人に説明したりしても自分の血肉化しやすくなります。

 

まとめ

 今まで色々な読書術の本を読んできたけれど、今のところこれが最高の読み方だと思っています。
 本を読み終わっていなくても、「今こんな本を読んでいて」って感じでツイッターや他の人にドンドン話していくと考えが整理されて良いです。

 ちなみにマンガ本は線を引いて読んだことはないです。
 ベスト3名場面を意識しながら読むと面白いかなぁと思っています。

 今日はこの辺で、またね。

P.S. 7回読みよりも遥かに効率が良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である