『一番いいのはサラリーマン』堀紘一【著】の読書感想文。

こんばんは、ねじねじです。

今日紹介する本は『一番いいのはサラリーマン』です。

2002年に出版された本だから古い本ではあるけれど、現時点でも有益だと思った部分をサッと紹介するね。

自分の心にグッときたところ3選。

第一位

 私が社長として新入社員に毎年、言っている歓迎のあいさつは次のようなものである。「一日も早く会社を辞められるような人になってほしい。愛社精神など、間違っても持たないでくれ」
 会社を辞めても食っていけるような人材になってもらうのは、経営者にとってありがたいことである。そんな社員に対して給料、ボーナスをはずんだり、昇進させたり、やりがいのある仕事を与えたり、離れがたい職場環境をつくったりして、気がついたら定年まで勤めていたというようにするのが、経営者の仕事だと思っているからだ。「こんな会社、いつでも辞めてやる」「お前の能力を最高に発揮できるのは、わが社しかない」と勝負するのが、これからの社長と社員の関係なのではないだろうか。ますますグローバル化する企業の雇用関係は、こうなるはずだ。

 会社を離れても食べていけるようなスキルを身につけることを視野に入れて、日々仕事に励めばよかったかなぁと今、少し思うよ。
 僕は「いつでも会社を辞める準備はできていますよ」と上司に言ったはいいけれど、冷静になって考えてみれば外でも通用するようなスキルはないんじゃないかと不安になったよね。
 旅行の営業をしているけれど、そもそも営業が好きじゃないという、会社辞めて何をするのって話だよ。
 ずーっと読書して、ブログ書いて、走って、お金をもらえるならいいけれど、仕事になるとちょっと違うよね。
 とりあえずは今の会社にしがみついている状態。
 辞める前に少しでも環境が良くなるように足掻くことはできるから、それを試してから辞めても決して遅くはないと思っているよ。

第二位

 性格的なものもあるかもしれないが、私は引っ掛かったら一度やめることにしている。しかし、これがなかなかむずかしいのである。真面目な人は引っ掛かったら、今日中に解決しなければと思うだろう。引っ掛かったら、それから先に進めないからだ。
 私は逆だと思う。一度、引っ掛かったら翌日までほったらかしにしたほうがいい。たとえば、原稿を書くときに、どうしても書き出しがうまくいかないことがある。そうなると、時間ばかりかかって何も書けない。だから、一回、違うことをやって頭を空っぽにする。それから、また原稿を書きはじめると、すんなり書けることもある。
 仕事の合間に別のことをして気分転換を図るとか、切り替えをしないと、時間の使い方はいつまでたってもうまくならないと思う。

 僕は自分でも言うのもなんだけれど真面目なほうだから、一度つまづいたり心配事が出てくると土日もひきづって考えちゃうタイプなんだよね。
 だからほったらかにするってことが、なかなか難しい。
 先延ばしにすることは得意だから、はたから見たらほったらかしにしているように見えるかもしれないけれど、自分の中では心配事リストにそれが根強く残っていて消耗させるんだよね。
 だから何かあるとすぐ解決したくなるんだけれど、いい意味で少し寝かすという技を身に付けたいよ。

第三位

 うまくいきそうにないとき、当事者は具体的ではない何かを感じているものだ。そのときが誰かに相談するタイミングなのである。
私は、相談しようかどうか迷ったら、「相談するかしないかの相談に来い」とさえ言っている。能力もある、やる気もあるのに、いまひとつ仕事のコツがわかっていないタイプに、「おい、あの件どうなっている」とたずねると、「あっ、そのことについては、ご相談しようと思っていました」という答えが返ってくる。
 人生観の問題にもつながるが、人生のほとんどの問題は、やり直しがきく。簡単にあきらめろと言っているわけではない。進む勇気も必要だし、やめる勇気も必要だ。でも相談する勇気が一番、実践的である。

 僕なんかはやっぱり仕事を一人で抱えてしまうことが多いからストレスもたまる。
 この言葉を聞くとうまく上司は利用して共有したほうが、なんでも相談したほうがいいと改めて思いました。
 当たり前のことだけれど、大事なことだよね。
 うまく利用しましょう。

 

 一番いいのはサラリーマンとは思わないけれど、ビジネス書として得るものがありました。

 今日はこの辺で、またね。

P.S. 一番いいのは支配されないこと、自由があること。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である