【バス旅行】添乗員の『朝の挨拶』を紹介。

ねじねじ(@hAPG9DWcCb0eS01)です。

「バス旅行の添乗で大事な車内での朝の挨拶、何を話したらいいんだろう?」

この記事では、そんな疑問を解決します。

それでは早速、添乗員のバス車内での『朝の挨拶』を紹介していきますね。

だいたい大まかに以下の順番です。

朝の挨拶の流れ
  1. 挨拶
  2. ツアー参加のお礼
  3. 自己紹介
  4. 行程の説明
  5. 注意事項
  6. ドライバー、ガイドの紹介
  7. 締め 

余裕があれば笑いが取れればベストです。

私も余裕があるときは、バス移動中にどうやって笑わせようか、楽しませようかをずっと車内で考えています。
オーソドックスで堅実な挨拶、案内がやっぱり大事だけれど、笑いがあってこその楽しい旅行です。

最初の挨拶でお客様の心をつかんでいきましょう。

朝の挨拶

それでは皆さま、おはようございます。

この度は株式会社◯◯◯をご利用いただき、誠にありがとございます。

私は本日より2日間、皆様とご一緒させて頂きます添乗員のねじねじと申します。(自己紹介では名前を呼んでもらえるような紹介をするのも良いです)
◯◯と書いてねじねじと言います。
今日は漢字だけでも覚えてください(明日は顔も覚えてね、違う添乗員についていかないように)
ちなみに出身地は千葉県です(出身地をざっくり話しておくと同じ出身地の方がツアー中に話しかけてきます)

私は添乗員ですので何かお困りごとご不明な点などございましたら、いつでもお申し付けください。
安全第一で行程管理に努めてまいりますので、2日間どうぞよろしくお願いいたします。(もし拍手があれば◯◯名様(人数)とは思えないほどの拍手ありがとうございますと言ったり、窓ガラス割れんばかりの拍手をありがとうございますと言ったりする時もあり)

それでは本日の行程を簡単にご案内いたします。
これより◯◯インターより高速道路に入りまして、第一回目の休憩は約1時間後の◯◯サービスエリアです。
その後、午前中は一ヶ所◯◯をご見学いただき、昼食は12時30分頃の予定で名物◯◯をお召し上がり頂きます。
午後は二ヶ所、◯◯と◯◯をご見学いただき、本日お泊まりの草津温泉・◯◯旅館には16時30分頃に到着の予定です。

本日の行程は以上となります。
詳細につきましては、その都度ご案内してまいります。
なお明日の行程については、明日ご案内致します。

それから私より皆様へ5つのご協力のお願いがございます。
① 時間厳守
② 車内禁煙(サービスエリアや観光地で5本くらいまとめて吸うようにお願いする。バスに灰皿が付いている場合は高級インテリアといって笑いをとる。高級インテリアにはゴミは入れないように)
③ シートベルト着用(全席にもれなく付いている。お客様の安全のためにも着用お願いしますとメリットをお伝えする)
④ バス内のお手洗いがある場合はその説明(走行中のみ利用できることを伝え、休憩時は外のお手洗いを利用して頂く)
⑤ 貴重品・健康の管理(貴重品は自己管理をお願いする。気分がすぐれない方などは申し出るように伝える)

最後にドライバーさん、ガイドさんの紹介いたします。
ドライバーさんは安全運転に努めて頂く◯◯バス会社の◯◯さんと、ガイドさんは◯◯さんに来ていただいております。(バスの乗り間違えがないようバスの色も説明しておく)

それでは2日間、皆さまの良い思い出となるよう精一杯務めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします

あとがき

ねじねじ

最初が肝心ですので、自分を奮い立たせて、かましてやりましょう。

挨拶の基本型はこのような感じです。
その場の雰囲気とかお客様によって話す内容は変わってくるけれど、だいたいこのような流れが一般的です。
お客様と会話するような感じで、お客様からの声にならないサイレントの反応を感じ取りながら、その反動を利用して、話ができればベストです。

それと天気予報、注意報・警報、交通情報、旅行地のニュースは、トラブルに直結するので必ず確認しておくこと。
身だしなみも清潔にね。

▼▼▼話すことを途中で忘れてしまった時の対処法として、ご参考までに以下のアドバルーンを掲げる話し方があります。

関連記事>>>【読書感想文】『黄金のアウトプット術』成毛 眞【著】とにかくアウトプットせよ。

▼▼▼今まで読んだ添乗関連の本で一番ためになった本です。

話し方、協力機関との交渉の仕方、接客の仕方など、本書を読めば自分の添乗のヒントになります。

▼こちらのサイトも参考になります。

バス旅行の挨拶とは?社員旅行&子供と遠足での挨拶集

基本を忘れずに頑張ります。

今日はこの辺で、またね。

P.S. 笑ってくれると、とても嬉しいよ。

関連記事>>>添乗員の心構え。

関連記事>>>添乗員の最後の挨拶を紹介。

関連記事>>>添乗員の『ホテル到着前の挨拶』を紹介。

関連記事>>>添乗員の『観光地に到着前の挨拶』を紹介。

関連記事>>>添乗員の『昼食場所に到着前の挨拶』を紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である