月島もんじゃ『おしお和店』では、「海スペシャル」がオススメ。

ねじねじ
ねじねじ(@hAPG9DWcCb0eS01)です。

真顔です。

会社の同僚と、月島でもんじゃを食べてきたよ。

当初は「サイゼリヤ勝どきビュータワー店」に行く予定で、すでに気持ちは「小エビのサラダを前菜に、安くビールでも飲もうじゃないか」という感じでした。

けれど、お店のすぐ近くに月島もんじゃストリートがあることに気がついてしまったんだよね。

自分の意思とは裏腹に、いつでも行けるサイゼリヤと、おいしい思い出のあるもんじゃとを比較し始めたら、サイゼリヤへの気持ちがガラガラと音を立てて崩れて行くことに。

関連記事>>>月島もんじゃ、どのお店にするか迷ったらココ! 『ごえもん』です!

結局、もんじゃの魅力には逆らえず、フラフラと月島もんじゃストリートに吸い込まれていく自分たち。

お店は以前に訪問した『ごえもん』でもよかったけれど、新しいお店の方がワクワクするし、ブログのネタになるかもしれないということで、新規開拓へ。

今回、開拓したお店は『おしお本店』です。

このお店に決めた理由

1.店外からもすぐに空きテーブルが確認できたこと
2.清潔なお店の外観
3.店外で迷っていると駆けつけてくる店員さんのフットワークの良さ
4.ビールの銘柄がサッポロということ

それでは紹介していくね。

店内の雰囲気

椅子・テーブル席だけでなく、ボックス席もあるし、掘りごたつ席もあるのが嬉しい。

注文した料理

注文した料理は「海スペシャル」「マリオ」「五目お好み焼き」「もつ煮込み」です。
ぼくが頼んだ飲み物はビール2杯とウーロンハイ。

▼まずはサッポロビールで乾杯。

店員さんの情報によると「明太子もちチーズ」「海スペシャル」「黒カレー」「マリオ」「ツナそば紅生姜」が人気とのことでした。

▼どれも気になるけれど、期待を裏切らないであろう「海スペシャル」を注文。
 山盛りの海の幸。
 イカ、タコ、ホタテに、牡蠣なんかも入っていました。
 最高だよね。

▼店員さんに頼めば、やり方を教えながら、やって見せてくれます。
 手際よくキャベツが刻まれていく。

▼完成図。
 今、改めて見ても食べたくなる。

▼つまみの「もつ煮込み」
 自分で適度に七味をかけると、なお美味しい。

▼洋風もんじゃとして、「マリオ」を頼みました。
 チーズが効いてピザみたいで、ハマる味です。

▼この時点で腹9分くらいだったけれど、お好み焼きも気になったので「五目お好み焼き」を追加注文。
 食べれるのか。

お腹いっぱいだったせいかな。
お好み焼きの味は正直、普通の印象です。

もんじゃをたくさん食べる方が正解と結論づけました。

▼お好み焼き完成図。

▼メニューです。

あとがき

だいぶ食べ過ぎてカロリーオーバーになったけれど、満足感があります。

飲みながら食べるのであれば、もんじゃ2枚でちょうど良いかな。

なお、接客については僕は良い印象を受けました。

よく気づいてくれるし、気さくさを感じさせる笑顔も安心感があります。

ご馳走様でした。

やっぱりもんじゃは美味しいよね。

月島もんじゃストリートは、たくさんのお店があって競争し合っているので、少し混んでそうなお店を選べば間違いないと思います。

お店選びも楽しいね。

▼もんじゃ焼きの名前の由来の記事。

関連記事>>>『学生 島耕作 就活編2』弘兼憲史【著】の好きなシーン3つ!

今日はこの辺で、またね。

P.S. もんじゃストリートの路地裏のお店も気になるね。

関連記事>>>お店でご飯を食べた時に、店員さんに言いたくなるお礼の言葉4選。

関連ランキング:もんじゃ焼き | 月島駅勝どき駅築地駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である