Twitterを使いこなしたい人に捧げる『Twitterでビジネスを加速する方法』樺沢紫苑【著】の読書感想文。

こんばんは、Twilogを始めてみました、ねじねじです。
Twilogって過去のツイートをブログ形式で保存してくるサービスなんだって。

さて今日、紹介する本は『Twitterでビジネスを加速する方法』樺沢紫苑【著】です。

樺沢紫苑さんは精神科医で本も書かれていて『神時間術』や『読んだら忘れない読書術』など著書多数です。

この本ではツイッターの基本的な使い方から始まり、フォロワーの増やし方、ツイッターを使った情報収集術、人脈形成術、集客術、営業術、仕事術など多岐にわたって書かれています。

本書のツイッターの多彩な使い方を読んでいると、他のツイッター関連の本もまとめて読みたくなってしまうのは僕だけではないんじゃないかな。

なぜこの本を読もうと思ったのか。

夢応援ブロガーおっくーさんのブログでこの本が勧められていたから、迷わず購入しました。

僕自身、twitterを始めて3ヶ月くらいの初心者なので、有用な知識が得られることを期待して手に取ってみたよ。

自分の心にグッときたところをベスト3方式で引用。

第1位

 別にすべてのツイートを0からひねり出す必要はないのです。「自分が気になったニュース」や「自分の心に響いた言葉」に1行、自分のコメントを書き添えてリツイートする。それだけで、あなたは「有益な情報」の発信者として認知されるようになります。〔中略〕

 それと、無限にネタが落ちているのがテレビです。ニュースやバラエティ、健康番組や雑学クイズ。あなたが「おもしろい」「ためになった」と思った情報、豆知識、トリビアは、フォロワーに紹介すると、同様に「おもしろい」「ためになった」と思ってくれるものです〔中略〕

 大切なのは、自分の言葉を1行添えるということ。それによって、もとの情報が何倍も輝きを増します。
 0から10をひねりだそうとすると、それは「生みの苦しみ」が必要で、精神的にも苦しくなってしまいます。”10に1を足して11にしよう”というイメージ。そうすれば、「有益なツイート」はいくらでもできます。そして、その「追加のコメント1行」が、あなたをブランディングするのです。

 なるほど〜。
 ただリツイートするだけなく、1行コメントを加えてリツイートすることで、そのツイートが意味のあるものになるんだね。

 今ままで「いいね」と思ったツイートはそのままリツイートしていたけれど、自分のコメントを加えてリツイートすることはしたことがなかったよ。
 先日、実際にコメントを記載してリツイートしたら、お礼のお返事を頂いたよ。
 その方と交流できた感じがして、とても嬉しくなりました。

 この読書感想文も、本を引用して自分のコメントを加えて発信する、引用リツイートのような感じなんだよね。

第2位

 ツイッターの世界では、95%のつぶやきは5%のユーザーから発信されている、というデータがあります。つまり、「ツイートを書く人」と「ツイートを読む人」が完全に二極化しているということです。「情報強者」と「情報弱者」という分け方もありますが、私は「情報発信者」と「情報受信者」に分けています。主にツイートを書くことをメインに行動している人は「情報発信者」で、主にツイートを読むことを目的にしている人が「情報受信者」です。
 ビジネスを目的にツイッターをするということは、言い換えると”5%の「情報発信者」になりなさい”ということを意味します。「情報発信者」と「情報受信者」とでは、ツイートの内容は、当然変わってきます。〔中略〕
 情報発信者としてあなたがすべきことは、徹底した情報出しです。出して、出して、出しまくる。そして、フォロワーに対して、サービス、サービス、サービスの精神を忘れない。そうすれば、あなたは間違いなくツイッター上での人気者になれます。

 徹底したギブ、ギブ、ギブなんだね。
 有益な情報、ためになる情報、面白い情報、行動したくなる情報、、、ギブ、ギブ、ギブ。
 バケツをあふれさせよう。
 あふれ出すまではフォロワーは増えないかもしれないけれど、情報提供を続けよう。
 そんなに印象を受けました。

 僕自身はまだまだツイッターからの情報を読んでばかりいる「情報受信者」の側だけれど、インプットの質を高めるためにも、もっとアウトプットして「情報発信者」の側になりたいよね。

 そのためにまずは自分から発信することが先なんだね。

第3位

 ツイッターでは人間的なものが好まれます。逆にいうと、機械的なものは嫌われます。特に自動投稿、予約投稿だとか、自動返信のようなものは、かなり嫌われます。〔中略〕

 たとえば、ブログを更新した場合、ブログ記事のタイトル名を含めて更新した旨を自動でツイッター上に投稿する無料サービスがありますが、こうした自動投稿はのサービスは、私はお薦めしません。
 ツイッターからブログにアクセスを流すというのは、誰でもやっています。私もやっていますし、ドンドンやっていいのですが、一更新ごとに手書きで「◯◯◯についてブログに書きましたのでご覧ください」と書くべきなのです。そうでないと、フォオワーの反感を買いますし、結果としてクリック率も低くなります。

 確かに自動返信のメールや、自動配信のメールなどはほとんど読まないかなぁ。
 みんなにも同じことを送っているんだろうしね。
 
 ツイッターでブログ更新を流すことは、売り込みっぽくていつも躊躇しちゃうんだけれど、一文混ぜればいいのかな。
 まぁ確かに他のブロガーの方たちもしょっちゅう「ブログ更新しました」と一文を書いて上でリンクを貼っているよね。
 僕も引き続きツイートしてみるよ。

その他、ためになった情報の引用

twilog / ツイログ

twilogは自分の過去のツイートを自動的に記録して、ブログ形式で保存してくれるサービスです。登録なども簡単で、3分もあれば自分のツイートのまとめブログが完成できるので、つくっておいて損はありません。

▼ツイッター情報収集術の一つで、ニュースのフォローです。

ツイッター 人気のニュース・メディア・ポータルユーザーベスト30

 

 

 

今日の投稿は以上となります。

P.S. Twitterも奥が深いんだね。

関連記事>>>Twitterのプロフィールを変えたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である