旅行会社の営業マンが、お客様との打ち合わせで改善すべき点を6つ報告。

 

お疲れ様です、ねじねじです。

今日の午後、千葉県のお客様のところへ打ち合わせに行ってきました。

内容は今月11月下旬出発の社員旅行(海外)の最終確認などで、打ち合わせに要した時間は1時間30分。

「時間かかり過ぎだよ」って自分でも思い、段取りの悪さを反省しているところ。

まぁ忙しかったのももちろんあるけれど、一旦、この忙しいを言い訳にしたら、ずーっと言い訳しやすくなるし進歩も収穫もないからね。

今回の打ち合わせ時の気づきを箇条書きにしたので、備忘録の意味も込めて記載するね。

①お客様に最寄駅まで車で迎えに来てもらった。

お客様の会社が最寄駅から車で10分かかるから、タクシーで行こうと思っていたけれど、お客様の好意に甘えて迎えにきてもらってしまった。

車中で情報交換ができたので移動時間を有意義に過ごせたのはメリットだったけれど、デメリットは迎えにきてもらったことに対して少し気後れした部分があったよね。全体の打ち合わせにマイナスに響いたのかは気のせいかな。

自分で行きますっていうことが熱意だよね。

 改善=もっと余裕を持って、最寄駅の喫茶店で資料を読むくらいの時間を確保して、自分でタクシーで行く。

②事前に打ち合わせ内容をメールしておかなかった。

これは基本だけれど事前にできなかった。

レジュメがあれば、つまんない間とか、お互いその場で質問が出たりとかも防げたと思われる。

 改善=事前に打ち合わせ内容をメールしておく。

③コーヒーのお礼を言えなかった。

打ち合わせ時は、ホットコーヒーを出していただいた。

打ち合わせが終わって、帰り際に「お時間をいただき、有難うございました」以外にも「コーヒーをご馳走様でした」を言い忘れた。

この言葉っていつも思うけれど、案外出てこないんだよね。

 改善=「コーヒーをご馳走様でした」とはっきり言う。

④事前に旅行先を下見しておいたので、実際に見たことや体験したことは自信を持って答えられるが、それ以外のことは「思います」という言い回しが多かった。

よく調べてない、自信がないことは全て「思います」で逃げた。

「確認して回答します」も多用したが、「思います」も多用した。

 改善=事前に想定問答集を作っておき、他のツアーの打ち合わせでも使用し、社内でも共有する。

⑤食事メニューを取り寄せていなかった。

海外のツアーで食事は重要な関心ごと。

何が出るんだろう?苦手なものは出ないかな?量は?味は?など幹事さんの関心ごとの一つ。

事前にご自身で味わうことは不可能なのだから、せめて参考メニューや飲み物リストを取り寄せて見せてあげるべきだった。

 改善=事前に早めに確認しておく。

⑥ホテル周辺マップや全体図を見せながら説明をする。

ホテルの周りに何があるのかは大事な関心ごとの一つ。

お客様の要望や期待を先回りするように心がけよう。

 改善=地図必須。

ざっと思いつくのは以上になるけれど、どうだったかな。

「こんなケースもあるよ」というご意見があれば教えて頂ければ嬉しく思います。

P.S. そろそろ寝ますね、お休みなさい。

関連記事>>>旅行会社の営業マンがお勧めする、お客様への質問4選。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在進行形) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である