会社を辞めようかなと迷っている君へ捧げる本はこれだ!

 

『会社を辞めようかなと思ったら読む本』中谷彰宏【著】

会社を辞める、辞めないって重要な決断で、今だに自分も悩んでいます。
正直サッサと辞めたいのだけれど、色々なことを考え出すとブレーキがかかってしまうんだよね。
そんな気持ちの人ってたくさんいると思うよ。
今日、紹介する本は「会社を辞めたい」と思っている人たちの背中を押す本ではなくて、いろんな道があるよと教えてくれる本です。

中谷彰宏さんの『会社を辞めようかなと思ったら読む本』

本の冒頭にも書かれているけれど、この本は以下のような人たちのために書かれています。
このような悩みが一つでもあればオススメです。

  1. 上司の理不尽さに、ふりまわされている人。
  2. 自分のこの先が、見えなくなってしまっている人。
  3. へこんでいる人に、希望を与えたい人。

早速、心に響いた箇所を5ヶ所、引用しながら紹介していくね。

1.理不尽さが人間を魅力的にする。

毎日、毎日、会社って本当に理不尽だらけだよね。
なんで自分がこれをやるのとか、意味不明な指示、無駄な会議、お客様にも上司にも部下にも毎日理不尽なことを言われているよね。
理不尽の食べ放題、ブッフェ、嵐とはよく言ったもので、本当に食べきれません。

職業の中で一番サラリーマンが辛くて、偉いんじゃないかと思うよ。
会社って本当に人間が鍛えられ、勉強もでき、しかもお金までもらえるという、すごい施設。
お金を払わなきゃいけないくらいだよ。
中には自分のように体や心を壊す人も出てくるくらい(笑)
出家する必要もないくらいサラリーマンって本当に人間が鍛えられるよね。
人間的に魅力的になることができ、成長することができる、サラリーマンも捨てたもんじゃないと本書では述べれています。
こんなに魅力的になれるなら合コンでモテないわけがないはずなんだけどなぁ。。。。。
実際はそんなモテることもない(笑)
もう同じ会社で16年も働いてしまったよ。

2.ピンチを楽しむ。

サラリーマンをやっていると、「もうダメだ」と思うようなことってたくさんあるよね。
月曜の朝からクレームの連絡をもらうと、もうその日は潰れた感じがするよ。
そんなピンチな時は楽しもう、「他にもクレームないですか」「もっと教えて下さい」「何かお気づきの点はないですか。隠さないで言って下さい。もっとあるはずです。明日電話しますからもっと言って下さい」って返してイニシアチブを取ろうって書いてある。

クレームを言われている時に、なかなかそんな余裕はないかもしれなけれど、次のクレームに備えてこの言葉を胸にしまっておこう。
クレームが来たら、言ってやろう。
ピンチとどう付き合っていくか、考えていこう。

3.成功は仕事を通して自分が成長すること。

成功より成長。
中谷彰宏さんの著作ではいたるところで目にする言葉です。
仕事を通して、自分を磨くこと、成長することが目的。
仕事は磨き粉だと何度も述べられています。
サラリーマンは毎日修行だよね。
毎日の収穫を意識して、昨日よりはこんなことができるようになった、この仕事はボツになったけれどこんなところが勉強になったと感じながら進んでいきたいと思うよ。
仕事を辞めても、ずっと意識していきたいことだよね。
筋トレみたいに今使われている筋肉を意識しながら運動をするように、仕事をした方が得るものは多いよね。
たとえ辞めることを決めたとしても、退職日まで毎日収穫を意識して成長していこうよ。
どんな辛いことがあっても「ここからですよ」と言えるようになりたい。

4.「辞めたい」と思う時は、仕事のやり方を考え直すチャンス。

結局、仕事がうまくいってないから「辞めたい」と思うことってあるよね。
大きくくくれば、人間関係も仕事がうまくいってないうちに入るでしょ。
そんな時は仕事のやり方、進め方を見直して変化させてみる。
今のやり方だとうまくいかないよと、神様が仕事を通じて教えてくれているのかもしれない。
自分を変えるか、会社を変えるか2択になるけれど、辞める前に仕事のやり方を変えてみることをオススメするよ。
それから辞めても決して遅くはないと思う。
まず仕事を断ることも大事な選択肢の一つだよね。

5.「辞めたい」と思うときに、人は成長する。

本書では「辞めたい」と思うことで、自分の人生を見つめ直す、いい機会になると述べられています。
わたしももうかれこれ半年近く考えています。
どれだけ悩んでるねんって突っ込まれそうだけれど、じっくり悩んでいるところだよ。
半年も悩んでいるけれど、そんな自分を責めないように気をつけよう。

辞めても、辞めなくてもどちらでもOK。

どっちに転んでも人生はうまくいくようにできている。
何れにしても成長するから、これからも考えていこう。

今日はこの辺で、おやすみなさい。

P.S. いつも読んでくれて、ありがとうね。

関連記事>>>人間関係へ悩んでいる君へ、この本から16の引用を紹介。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねじねじ

千葉県在住、都内旅行社勤務 【毎日】本を読む、ブログを書く、走る。 【ときどき】旅をする、泳ぐ、筋トレをする、映画を観る、音楽を聞く、ゲーセンでガンダム・マキブON(初代ガンダムを操縦)をする。 ★嫌いなものは口内炎、胃カメラ、かけひき、じんましん(仕事のストレスより発症し、現在休職中) ★雑記ブログ『社畜たちの沈黙から、親愛なる君へ』運営中 ★旅行社で法人営業担当18年目。ときどき国内海外問わず添乗中 ★年度目標は読書365冊、ブログ365記事、体重60kg 全て願望である